ページ内検索
北柔整事務局
〒060-0042
札幌市中央区
大通西18丁目

大きな地図で見る

2017年7月13日 木曜日

第26回 北整全道少年柔道大会 要項

第26回 北整全道少年柔道大会 要項
(兼 文部科学大臣杯争奪日整全国少年柔道大会北海道予選)

1.趣   旨	少年の交流と親睦を図り心身の健全なる育成を目的とする。
2.主   催	公益社団法人北海道柔道整復師会
3.主   管	公益社団法人北海道柔道整復師会 釧路ブロック
4.後   援   公益社団法人日本柔道整復師会 
		一般社団法人北海道柔道連盟 
		北海道柔道高段者会 
		釧路市 
		釧路体育協会 
		釧路市教育委員会 
		釧路柔道連盟 
		北海道教育委員会 
		北海道新聞社 
		産経新聞社札幌支局 
		北海道テレビ放送株式会社(HTB)
5.日   時	平成29年8月6日(日)午前9時
6.会   場	湿原の風アリーナ釧路  
		釧路市広里18 大規模運動公園内  電話 0154-38-9800
7.参加資格	小学校4年生・5年生・6年生
8.申込締切	平成29年6月30日(金)
9.申込先	〒060-0042 札幌市中央区大通西18丁目
		公益社団法人 北海道柔道整復師会事務局 電話011-642-6163
10.参加選手	①国籍、男女を問わない。
		②小学校4年生(先鋒)1名、5年生(次鋒、中堅)2名、6年生(副将、大将)2名
		 (3年生以下は参加を認めない)。
		③順序は学年順とし、同学年の場合は体重の軽いものから順とする。
		④該当学年に欠員の場合は下位学年で補う。但し、4年生は同学年とする。
		⑤チームの構成は原則単一所属チームとするが、同ブロック内にて混合チームを認める。
		 選手は全日本柔道連盟に本年度の登録済みであること。
		⑥各ブロック2チーム迄とし、札幌、旭川、函館ブロックについては3チームを認める。
		 但し、2チーム迄の開催地においては3チーム出場することができる。
		⑦チームの監督は、保護者の参加承諾書を申し込み時に必ず提出のこと。
		 なお、保護者は参加選手の大会出場にあたり、事前に医師の健康診断を受けさせ、
		 異常(試合の出場に支障)がないことを確認しておくこと。
		⑧出場者は、所管の教育委員会又は在学校長等の承認及び許可が必要なところも
		 あるので、遺漏のないようにすること。
		⑨皮膚真菌症(トンズランス感染症)について、発症の有無を各所属の責任において
		 必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、
		 迅速に医療機関において、的確な治療を行うこと。もし、選手に皮膚真菌症の感染が
		 発覚した場合には、大会に出場できない場合もある。
		⑩脳震盪について、(選手および指導者は下記事項を遵守すること。)
		 ⅰ)大会一ケ月以内に脳震盪を受傷した者は、脳神経外科の診察を受け出場の許可を
		   得ること。
		 ⅱ)大会中、脳震盪を受傷した者は、継続して当該大会に出場することは不可とする。
		   (なお、至急、専門医(脳神経外科)の精査を受けること。)
		 ⅲ)練習再開に際しては、脳神経外科の診察を受け、許可を得ること。
		 ⅳ)当該選手の指導者は、大会事務局および全柔連に対し、書面により事故報告書を
		   提出すること。
11.選手団構成	選手5名、監督1名、計6名。
		①監督は全日本柔道連盟に本年度の登録済みであり、且つ全日本柔道連盟公認指
		 導者資格を有していること。また、大会時は北海道柔道連盟発行の「指導者資
		 格証」を必ず携行すること。
		②選手変更は開会式前までに承認、承諾を得て届け出た場合に限り認める。
12.全国大会出場	優勝チームは平成29年10月8日(日)の、公益社団法人日本柔道整復師会主催の
		全国大会に出場できる。(但し、北海道チームの監督は北整会員とする。)
13.試合方法	(1) 国際柔道連盟試合審判規定(2014~2016)及び国内における「少年大会特別規定」
		  による。
		(2) 団体トーナメント戦とする。
		(3) 勝敗は勝数による。勝数同数の場合は内容による。内容も同じ場合は代表戦を
		  1回行い必ず勝敗を決する。
		(4) 試合時間は2分とする。
14.判定基準	判定の基準は「有効」以上、又は「僅差」とし、それに満たない場合は「引き分け」
		とする。「僅差」とは双方の選手間に技による評価(技あり・有効)がない、
		又は同等の場合、「指導」差が2以上あった場合に少ない選手を「僅差」による
		優勢勝ちとする。1差であれば「引き分け」とする。
		代表戦においては、ゴールデンスコア方式により勝敗を決する。
15.ゼッケン    (1)参加選手はゼッケン(名字、所属名入り)を柔道衣に取り付けること。
		(2)ゼッケンを取り付けていない選手は、出場できない。
布  地 白色(晒、太綾)
サ イ ズ 横30cm~35cm × 縦25cm~30cm
文字位置 名字(苗字)は上側2/3、所属名は下側1/3横書き
書  体 太いゴシック(楷書)、男子は黒色、女子は濃い赤色
縫い位置 後ろ襟から10㎝、対角線にも強い糸で縫い付ける
16.保  険	傷害保険については各チームにおいて各自加入しておくこと。
17.組合抽選	大会事務局で行う。
18.表  彰	第3位までとする。
19.その他	参加費用は徴収しない。