• オープンキャンパス
  • 入学願書受付中
  • Twitter
  • Facebook

学校案内

ご挨拶

HOME  >  学校案内  >  ご挨拶

ご挨拶


    北海道柔道整復師会会長
    萩原 正和

    会長あいさつ

    人間が本来もっている自然治癒力をいかした日本伝統の医術として親しまれてきた柔道整復。WHO(世界保健機関)にもその効用が認められており、西洋医学を補完する存在として期待されています。
    本校は北海道柔道整復師会附属の専門学校として、自らの手で優秀な後継者を育成するために設立され、これまで約1,800名の卒業生を地域医療の第一線へ送り出してきました。これからも地域貢献の志のもと、より一層の教育体制の拡充を図り、次世代を担うリーダーを育ててまいります。


    北海道柔道整復専門学校校長
    北海道整形外科記念病院理事長・院長
    加藤 貞利

    校長あいさつ

    本校は”全員卒業、全員国家試験合格”を目標に掲げ、基礎から専門教育までを行っています。
    しかし、本当の目標は卒業・合格の先にあります。資格を得た後に柔道整復師として地域社会で役立つことにこそ、最大の意義があると私たちは考えているのです。
    人と向き合う医療人に最も必要なことは、苦しむ人を助けたいという温かい心。私たち教員一同、全力でサポートいたしますので、本校での3年間を通して、みなさんの柔道整復の技術とともに思いやりの心が育っていくことを強く願っています。


沿革

1932年 「北海道柔道整復師会」発足
1955年 前進となる「北海道柔道専門学校」設立
1977年 「北海道柔道整復師会」社団法人として認定
1978年 「北海道柔道整復専門学校」として「北海道柔道整復師会」の附属校となる
1984年 3年制へ移行
2002年 附属臨床施術所「整骨プラザハピネ」開院
2009年 新施設「附属整骨院ハピネ」開院
2012年 「北海道柔道整復師会」公益社団法人に改組
2014年 北海道内の柔道整復科で初めて文部科学省「職業実践専門課程」認定