• オープンキャンパス
  • 入学願書受付中
  • Twitter
  • Facebook

学校案内

特色

HOME  >  学校案内  >  特色

柔道整復科では北海道内唯一の認定校

本校では2013年8月30日付けで文部科学省より告示された「職業実践専門課程」の申請を行い、
2014年3月31日に文部科学省から認定を受けることが出来ました。

「職業実践専門課程」とは、専門分野においてその職業に必要な知識と実践的な技能を身に付け、
社会貢献できる人材育成を行なっている、と文部科学省が認定する課程です。
教員の研修、教育課程の編成や実技の授業を企業と連携して行なっていることがその特徴となります。

専門学校の質を決める新たな基準を満たす課程とも言えます。

本校は開校当初より、質の高い後継者を柔道整復師会が育成する精神を貫き、
人材育成を行なってまいりました。
学校と柔道整復師会が連携して「職業実践専門課程」の内容を開校時より行なってきたところです。

本校では今後もより質の高い職業教育を行い、柔道整復業界をリードする教育機関として教職員一同、
より一層の努力をしてまいります。

特色

  • 確かな証拠

    当校は札幌で唯一、全国柔道整復学校協会の加盟校です。
    全国柔道整復学校協会は、柔道整復教育の質の向上を目的に設立された公益社団法人です。教科書の作成、柔道整復教員の質の向上を目指して研修会実施、学校運営改善に関する調査などを行っています。
    全国に沢山の柔道整復師養成学校がありますが、全ての学校が学校協会に加盟しているわけではありません。北海道柔道整復専門学校は、より質の高い柔道整復教育を目指すため、最新の柔道整復教育方法を研鑽するために、加盟しております。
    これは良質の教育を行っている確かな証拠ともいえると考えております。

  • 前進

    3年制で社団が経営する柔道整復師養成学校は全国で本校だけです。
    そもそも本校は1955年に開校した「北海道柔道専門学校」を前身としております。その当時は柔道整復師に関係する法律は大正時代からの「按摩術営業取締規則」の一部にあっただけでした。1970年に「柔道整復師法」が単独の法律となったのですが、時代の流れを受けて1978年に北海道柔道整復師会と学校の協力体制ができました。北海道柔道整復師会としては、道内で質の高い柔道整復師を養成する義務があります。
    全国にある社団法人の柔道整復師会は、有資格者の教育を推進することで地域住民への質の高い施術を行っております。しかし1978年当時の北海道柔道整復師会はそれだけではあき足らず、その手前の資格を取るところから一貫した高度教育を目指して学校を運営するという理想を抱いておりました。その崇高な理念を胸に、現在まで学校を運営しているのが北海道柔道整復専門学校なのです。その合理的な仕組みが最近になって注目され、大学をつくる柔道整復師会が出てき始めました。

  • 歴史

    北海道柔道整復専門学校は1978年に設立され、 30年以上の歴史があります。
    さらに前身の北海道柔道専門学校からの歴史を含めると50年以上の歴史を持つ、全国でも有数の名門校です。長い歴史の中には、色々なことがありました。
    全国の柔道整復教員の研修会の開催校になったことが2回、全国の柔道整復養成学校の柔道大会の開催校になったことが2回、また柔道整復教員の講習会の当番をしたことが2回と、全国の学校関係でも活躍しております。また柔道整復接骨医学会が北海道で開催された時、学校を上げて協力しました。柔道整復を取り巻く環境が時代とともに変化しておりますが、その変化の流れに柔軟に対応できるのは、長い歴史があってこそなのです。卒業後も 北海道柔道整復専門学校では卒業生もサポートしています。
    毎年定期的に行われる「卒後教育講演会」は1986年から始まり、既に20年以上継続して行われています。また同窓会の特別講演会も毎年行われています。
    卒後教育公演会は、公演で最新の医療を知るだけではなく、同窓生の間で毎日の診療に役立つ情報交換をしたりと、卒業生にとってまたとない機会となります。
    卒業して20年以上の大先輩から、数ヶ月前に卒業した新人まで、毎年100人を超す出席者で会場が沸くのがこの卒後教育講演会です。
    質の高い柔道整復師を育成しようという崇高な理念を守り、長年の歴史の中で培ってきた卒業後のしっかりしたサポートも、北海道柔道整復専門学校ならではと言えるでしょう。

  • 全国へ

    長い歴史の中で、沢山の病院とのお付き合いをすることができました。
    それが本校の特徴の一つである、高い就職率へとつながっています。
    さらに全道で開業する約800の整骨院も就職先となります。
    また全国の柔道整復師養成学校とのネットワーク、全国の社団法人柔道整復師会とのネットワークを生かし、関東や東北方面の整骨院への就職も可能です。まさに公益社団法人北海道柔道整復師会附属の歴史ある学校にだけあるメリットと言えます。

  • 先生の気概

    国家試験の現役生の合格率は、第1回から第17回まで平均すると約85%となります。
    数字というのは直接見えて便利なようですが、中身までは分かりません。
    北柔専校の85%は数字のマジックがありません。
    当校では、入学者数に対する合格者数も約85%です。
    つまり当校に入学した学生は大体国家試験に合格できるという数字です。
    合格率を上げるために留年や退学をさせない、きめ細かい指導で学生さんの人生を考える、
    入学したからには合格までこぎつけるという気概で学校を運営してきた結果の数字です。

  • 微に入る

    入学当初の慣れない学生生活、または慣れてしまった学生生活。
    入学すると医療関係の職場に就職する学生が多いです。誰でも全く未経験のことだと思います。さらに学校ではじめての医学の勉強。心の負担も大きいことでしょう。
    また逆に、すっかり慣れてしまうと勉強よりも楽しいことも出てくるでしょう。
    そんな学生さんの不安や変化に、迅速に対応できるように担任制度をとっています。担任制をはじめてからすでに20年近く経過しています。時代は変わっても人の気持ちは変わるものではありません。昔の学生さんも今の学生さんも、同じような思いをして学生生活を過ごしている事でしょう。北海道柔道整復専門学校には、そんな学生さんの気持ちを汲んでくれる先生が沢山いるのです。